Life is good in LA
by ChewyY
LINKS
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:LA scenes( 12 )

A Fun Day at Hermosa Beach
e0058749_10443975.jpg

ハモサビーチで行われた4人制のビーチバレーの大会を、友達と観に行った。生憎の曇り空だったけれど、400人以上の参加者、観衆でビーチは満員。誰でも参加できるお楽しみ大会なので、仮装する人、ポイントごとにビールをあおる人(本当は飲酒は違法!)、プレーそっちのけで踊っている人、何でもアリのお祭りといった感じ。

My friend and I went to Hermosa Beach to watch a 4-person-team beach volley
ball tournament. It was a cloudy day but the beach was packed with over 400
players plus the big crowd. Since it was a fun tounament that anybody could
participate in, some were wearing costumes, some gulping down beer after
every point (which actually is illegal!), some were dancing instead of playing
and everything that the whole thing was like a festival.

Sono andata a Hermosa Beach per guardare un torneo del beach volley di 4
persona-squadra. Era un giorno nuvoloso ma la spiaggia è stata piena dei oltre
400 giocatori e degli spettatori. Poiché era un torneo per divertimento che
chiunque potrebbe partecipare, alcuni indossavano dei costumi, alcuni
tracannavano una birra dopo ogni punto (è illegale il alcol alla spiaggia!), alcuni
ballavano invece di giocare a volley ecc. che era come un festival.


e0058749_10494999.jpge0058749_10512468.jpg










出場した友人チームは、アフロかぶって約120チーム中3位タイの好成績。NBAサンアントニオ・スパーズのブレント・バリーも出場していた。ひときわ背が高くカッコよくて、目立っていた!日焼け止めを塗るのも忘れて観戦&お喋りに夢中になっていたため、7時間もビーチに居たあとの両肩は真っ赤になってしまった・・・。

My friend and his teammates wore afro wigs and tied for third place out of about
120 teams. Brent Berry, an NBA player of the Sun Antonio Spurs, was also
playing. His height and good figure stood up starkly among all the people!
I was caught up in the games and chatting that I forgot to put sun block on, and
my shoulders got sunburnt after staying out for 7 hours...

Il mio amico ed il suo teammates hanno indossato le parrucche di afro, e sono
arrivati terzi tra circa 120 squadre. Brent Berry, un giocatore di NBA di Sun
Antonio Spurs, giocava anche. La sua altezza e la figura buona lo distinguono
nettamente delle gente! Ero totalmente assorto alle partite e chiacchiere che ho
dimenticato di mettere la crema protettiva, e mi ho fatto una scottatura alle spalle
dopo sono stata fuori per 7 ore...
[PR]

by chewyY | 2006-07-30 15:43 | LA scenes
Manhattan & Hermosa Beach
e0058749_1731242.jpg

帰り道、海に行きたくなり西へ。マンハッタン・ビーチの南端に、車を停めた。

On my way home, I felt like going to the beach and headed west. I found a parking spot at the southernmost point of Manhattan Beach.

Al ritorno dalla casa ho avuto voglia di andare alla spiaggia e mi sono diretta
verso occidente. Ho trovato il posto per parcheggiare alla parte più meridionale di Manhattan Beach.

e0058749_1749490.jpg

さらさらの深くて温かい砂の上を、裸足で歩くのがとっても気持ちいい。
海水で塗れた足に砂がからまるのも、気持ちいい。

It felt so good walking on fine and dry sand in bare feet.
It felt also good that the sands stick to my feet after dipping them in the water.

Mi ha fatto molto bene camminare sulla sabbia fine e secca.
Mi ha fatto anche bene che le sabbie mi si sono appiccicate ai miei piedi bagnati
dall'acqua del mare.

e0058749_5464317.jpg

ハモサ・ビーチの桟橋まで歩いた。カモメたちが波打ち際で羽を休めていた。

I walked down till Hermosa Beach Pier.
Many sea gulls were resting on the beach.

Ho camminato fino al pontile di Hermosa Beach.
I gabbiani stavano riposando sulla spiaggia.

e0058749_547544.jpg

午後8時7分、日没。

The sun set at 8:07 p.m..

Il sole è tramontato alle 20, 07.
[PR]

by chewyY | 2006-07-06 16:50 | LA scenes
ジャカランタがまた咲くまで Jakaranta trees
e0058749_0585724.jpg

イタリアで春の3ヶ月を過ごすと決めたときから、今年は見られないなと思っていたもの。それは大好きな満開のジャカランタ。戻ってきたロサンゼルスの街、まだ咲いている木もあるけれどやはりかなり散ってしまっている。木の下の道路には薄紫色のじゅうたん。
この1年あちこち動き回って落ち着かなかったけれど、来年はここロサンゼルスで美しいジャカランタの満開を見ると思う。

There was one thing I knew I was going to miss this year when I decided to go to
Italy for the spring..... Jakaranta trees in full bloom. Now I'm back in L.A. and they are mostly out of bloom as expected. There are light purple carpets on streets
underneath the trees...
I haven't settled down for a year now but I think I will watch those beautiful
Jakaranta trees here in L.A. next year.

C'era una cosa che ho saputo che avrei mancato quest'anno quando ho deciso di andare in Italia per la primavera. .... Gli alberi di Jakaranta in piena fioritura.
Adesso sono ritornata a Los Angeles e quelle alberi sono soprattutto fuori di fiore
come aspettato. Ci sono moquette viola sulle strade sotto degli alberi...
Non mi sono sistemata per un anno ma penso che guarderò quei belli alberi di
Jakaranta qui a Los Angeles l'anno prossimo.
[PR]

by chewyY | 2006-06-25 06:14 | LA scenes
Redondo Beach
e0058749_1494446.jpg
あきれるくらいのお天気に誘われて、レドンドビーチに出かけた。晴れ渡った空、タンクトップで平気なほど暖かい日差し。裸足で砂浜を歩き、冷たい海水に足を浸し、空気を胸いっぱいに吸い込む。浜に座って、砕ける白波を眺め、波音に体を揺らす。鳥たちが海面付近を飛んでいるのを見ていたら、イルカが突然現れた。ゆっくりと弧を描きながら2度、3度姿を見せると見えなくなった。しばらくして、少しはなれたところで、また。夢中で波にのるサーファーたちのすぐそばで。

ローラースケートを履いたまま波打ち際まで来て、鳥たちが勢い良く海に飛び込んでいる様子を写真に撮っている男性が居た。目が合ったので、あれは魚を捕っているの?と訊いてみると「Yes バンゴハンタイム デス」と日本語が返ってきた。聞けば彼は以前、横田基地空軍に勤めていて、83年に辞めたあと3年の休暇をとり日本縦断自転車の旅をしたことがあるという。その後フライトアテンダントとなり19年目。今は1ヶ月半の自主無給休暇中。That's how you live life! と思わず小さく叫んでしまった。リュックから小さなリスのぬいぐるみを出し、Chewyと一緒に写真を撮らせて欲しいと言う。「旅先にいつも連れて歩いて、色んな人と写真を撮ってきた。もう何百枚もアルバムに入っているよ」と教えてくれた。

そして今年最初のサンセット・ウォッチング。空がオレンジの夕日と交じり合って、群青色になっていく。空と夕日のコントラストが、胸にじーんと美しい。すぐそばではしゃぎ回る子供たちの声も、遠のく感じ。
ゆっくりと流れ、心も体も癒される、贅沢で愛しい時間。Chewyを連れて、本を持って、週末をビーチで過ごすことが多くなりそう。
[PR]

by chewyY | 2006-01-08 15:40 | LA scenes
A fine day in LA
ここ数日、とても暖かい日が続いているロサンゼルス。寒がりな私でも、外でお昼寝したくなるほどのポカポカ陽気。こんな日は海岸を散歩しても、すごく気持ちいいに違いない。調べてみたらLAの気温は日中なんと26度から27度くらいあったらしい。明日以降も、22度から24度くらいの気持ちのよい天気が来週後半まで続く予報。そういえば、99年12月に初めてLAに旅行で来たときも、昼間Tシャツで過ごせた日もあったことを思い出す。
e0058749_23535364.jpg
写真は今朝、いつもと違う道で通勤した際に車内から撮った紅葉並木(LAでも見つけた!)と爽やかな青空。ガラス越しに、日の光が暖かく心地よい。四季がないとぼやいてしまうこともあるけれど、やっぱりこの素晴らしい天気こそがLAのよいところ、多くの人から愛される理由だと改めて思う。
[PR]

by chewyY | 2005-12-22 17:25 | LA scenes
Threesome Peacocks
e0058749_15515219.jpgいつもよりも早起きした今朝の三文の得は、3羽の孔雀!正真正銘、本物のピーコック。
実はアパートの敷地内に孔雀がいるというのは以前から聞いていて、よく「キィーッ!」という大きな鳴き声も耳にしていたので、いつか遭遇しないかなあと思っていた。

散歩中、突然Chewyが威嚇するような声を出したので何かと見やると、孔雀が3羽歩いている。急いでカメラを取りに帰り撮影に成功。5メートルくらいまでは近づくことができたものの、やはりそれ以上になるとささっと逃げて行ってしまうので、遠巻きにしばし観察。オス1羽にメス2羽の両手に花だけど、あのなんともゴージャスな羽を持っているのはオスだよね。残念ながら羽を広げてはくれなかったけれど、時々地面をついばみながら悠々と歩く姿は、なかなか優雅できれいだった。この3羽ではないと思われる鳴き声がどこかでしていたから、もっと沢山いるのではと思う。

それにしても彼らは一体、どこに住んでいるのだろう?
[PR]

by chewyY | 2005-11-30 01:01 | LA scenes
Pieces of LA autumn
LAにははっきりした四季がなく、気候は年中温暖だ。寒がり暑がりな私は、基本的にそんなLAの気候を歓迎している。でもやはり四季のある国で生まれ育ったので、時々寂しく感じることも。特に季節感が恋しくなるのが秋。友人たちから紅葉の様子を伝えるメールなどが届くと、秋によく出かけた紅く色づいた山々や、秋の味覚の数々が思い出され、LAの秋が味気なく思えてしまう。でもないものねだりはやめて、この土地の秋を見つけてそれを楽しむことにしよう。今日もいいお天気、いつもの通りアパートの敷地内にChewyと散歩に出かけた。

e0058749_663289.jpg見れば2本だけ、薄く紅葉している木があった。花々はのんびり優しく咲いている。吹く風はとても爽やかで、スプリンクラーで湿った草が日の光でキラキラ光っている。長袖のTシャツで充分な気温。見上げれば、青い空。考えてみたら、私はLAの秋をまだ2002年の1度しか経験していないんだった。

来年こそはどこかで美しい紅葉を見たいと思うけれど、今年はこのLAならではの「穏やかな秋」を楽しもうと思う。

e0058749_610299.jpge0058749_611262.jpg









e0058749_6155693.jpge0058749_6201028.jpg









e0058749_6211061.jpge0058749_6215079.jpg
[PR]

by chewyY | 2005-11-27 06:33 | LA scenes
ぽかぽか陽気のLAです
ここ数日、とっても暖かく天気の良い日が続いている。朝晩はもちろん空気はひんやりしているけど、日中は少し動くと汗ばむくらいの陽気。オフィスは日当たりのいい角部屋なので、ついうとうとしてしまいそうになるほど。一方でヨーロッパ在住の友人たちからは早くも初雪の知らせが届いたりしていて、LAが年中温暖なのはわかっているけど、やはりその差に驚く。

e0058749_16545331.jpgそんな陽気に誘われてか、オフィスビルの前を歩いていたらリスが一匹トコトコついて来た。おなかが空いているのかなと思い、調度持っていたチョコレートマフィンをちぎって投げてあげると、すかさず拾って両手ではさみパクパク。食べ終わると「もっと頂戴」とつぶらな眼で私を見上げる。そんな顔をされたらあげないわけにはいかないでしょ。時々首をかしげながら、忙しく口を動かして一心不乱に食べる姿はとても愛らしく、思わず写真に収めた。3~4回それを繰り返したけれどまだ欲しがり、もうダメよと言う私に今にも飛び掛ってきそうな気がしたので、急いで退散。そういえば犬はチョコレート食べさせちゃいけないんだけど、リスは大丈夫かな?

アメリカでは、どこへ行っても必ずリスが居る。少なくとも私が旅行したところではどこでも。中にはChewyと変わらないほどのかなり大きな種類もいる。今日会ったリスは、小ぶりでしっぽがふさふさして可愛かった。やっぱり動物はいいな。見ているだけで心がなごむ。木曜からの感謝祭の4連休、久しぶりに動物園に出かけるのも悪くないかな。
e0058749_178750.jpg

[PR]

by chewyY | 2005-11-23 15:54 | LA scenes
ビューティフル・サンセット
e0058749_1672194.jpg
友人のTさんが、夕日に染まる海の写真をメールしてくれた。レドンド・ビーチでの一枚。あまりに美しいので、おすそわけ。サーフィン歴15年のTさん、最近始めたYさんという師弟関係のふたり。そういえば先日Yさんも、夕日がすごく綺麗だったと話してくれていたっけ。

「太陽が落ちる瞬間の海面の波に乗るとね、波の内側(陰になる)と外側のコントラストで、光ってる赤とグレーが絶妙にマジ、綺麗なんだ」

夕日が大好きな私は、いつも、どこに居ても、夕日が見えると追いかけてできる限り沈むまで見守る。日本でもアメリカでも海に沈む夕日を海岸からは何度も見てきたけど、海の中から見たことはない。Tさんの「マジ、綺麗」という言葉に、一度海の中で夕日を感じなければと決意する。
でも、極度に寒がりな私。来年の夏まではちょっと無理かな・・・。

ちなみにこれまで見た中で一番美しかったのは、99年アメリカ独り旅の途中、サンディエゴのミッション・ビーチで見た夕日。ゆっくり水平線に落ちていくまん丸の太陽と、オレンジ色に染まる海と空をじっと独り眺めた。沈む瞬間はとても早くて、あたりがひやっとして、ちょっと寂しい、でも胸がじーんとする気持ちになる。線香花火がぽとりと落ちる瞬間みたい。
近いうちに、天気のいい週末、あのビーチにまた訪れてみようかなと思う。
[PR]

by chewyY | 2005-10-18 12:55 | LA scenes
ホープレス?魔のLAトラッフィック
e0058749_12152584.jpg長い長い充電の末、今日から数ヶ月ぶりに社会復帰した。車で出勤する日常が戻ってくる。でも今回これまでと著しく違うのが、通勤にかかる時間。フリーウェイを使って普通に行けば23分くらいのところなのだが(Yahoo!Map で調べた結果)渋滞が当たり前のLAのフリーウェイの中でも特に悪名高いひとつである405 San Diego Freewayを使うため、かなり時間がかかるはず。そう思い1時間10分前に家を出た初日の今日、なんと1時間半もかかっていきなり遅刻してしまった。ある地点から、ぱたりと停まってしまう。まるで大駐車場にいるみたい。数メートルごとに行っては停まり、行っては停まり。ただでさえ朝は眠いのに、このノロノロ運転では眠気が否応無しに襲ってきて危くてしょうがない。車という逃げ場のない密室の中、前も後ろも右も左も、見渡す限り車、車、車。みんな良くやるよなーと感心してしまうけど、これから私も運命共同体?LAに来て以来、これまでに勤めた会社はどこも一般道で10分から15分程度という近さだったので、そのギャップはかなり大きくショックが隠せない私。幸いボスは事情を理解してくれ、途中から一般道を使うとか、時差通勤するとか、色々試してみたらと言ってくれた。
帰りも、Door to door で50分。1日に2時間半近くを車の中で過ごすのは、私には長く耐えられそうにない。電車やバスのように、本を読んだり眠ったりもできないし。なんとかしなければ。読めない地図をじっと眺めた結果、明日試してみる途中から一般道を使うコースが決まった。さて、うまくいくかしら。でも考えることは皆一緒に違いないから、フリーウェイを降りても、そこも渋滞してる可能性は大。迷って更に時間がかかるなんてことも、私なら有り得るしなあ・・・。

しかしこの渋滞、なんとかならないのだろうか。毎日お盆の帰省ラッシュみたいな状況って、ちょっと異常だと思う。単純に車の数が多すぎるのと、渋滞のせいで起こる事故もさらなる渋滞を生み出しているに違いない。人々に与えるストレスもとても大きいだろう。以前の日記でも触れた『フォーリング・ダウン』という映画を改めて思い出す。私も凶暴化しないように気をつけなくては。
でも電車やバスも全く発達していない車社会LAに住む以上、はなからホープレスだと諦めることが、ストレスが溜まらなくて一番良いのかもしれないなあ。
e0058749_12555824.jpg

[PR]

by chewyY | 2005-10-13 13:25 | LA scenes