Life is good in LA
by ChewyY
LINKS
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
BT to Boston ボストン出張
e0058749_15584070.jpg

今日(29日)から4日間の出張でボストンに来ています。雨模様で肌寒く、ジャケットを持ってくるのを忘れて後悔。これから1ヶ月以内に今回を含めて国内2回、日本1回、計2週間の出張というハードスケジュール。タイムゾーンもバラバラだし、体に気をつけてがんばって乗り切ろうと思います。
というわけで(?)今夜はプライムリブ12オンスをしっかり食べてきました。倍の24オンス、その名も「チャレンジ」という名のメニューもあってちょっと迷った(笑)のですが、やめました。食後ホテルに戻って少し仕事したあと、3時間の時差を克服するため早く寝ないと・・・とベッドに入ったものの、飛行機で寝てしまったしまだLAは早いので眠れず、日記を書いています・・・

I am in Boston now on a business trip. It's rainy and chilly here, I reget that I
didn't bring any jacket. I'll be on 3 business trips within a month. Twice domestic
and I actually go to Japan for a week in late September. It would be pretty
tough to deal with 3 different time zones within such a short period of times so
I should take care of myself to survive.
Therefore (?) I had 12 oz. Prime Rib steak tonight. I thought about getting a menu
called 'Challenge' which is twice as big as what I had (24 oz.) but I decided not to!
After dinner we worked for a while and I am trying to sleep to get over the 3-hour
time difference but I can't since I slept for a few hours in the plane and it's not
that late in L.A. yet...so I am writing this now...
[PR]

# by chewyY | 2006-08-30 12:28 | Personal
Hollywood Bowl
e0058749_19472748.jpge0058749_19474534.jpg









世界最大の屋外半円形劇場のひとつ、ハリウッド・ボウルに初めて行った。1922年にLAフィルハーモニーが、自然の丘に木のベンチを並べただけの会場で初演奏したのが始まりとか。今では約18000人収容、世界中から選りすぐりのミュージシャンが出演する、ロサンゼルスのカルチャー・ランドマークとなっている。ボックス席、椅子席、ベンチ席とステージから近い順に様々なタイプのシートがある。

I went to Hollywood Bowl, largest natural amphitheaters in the world, for the first
time. Its history started in 1922 when Los Angeles Philharmonic performed
in front of the audience seated on simple wooden benches placed on the natural
hillsides. With the current seating capacity of just under 18,000 it presents
the world's greatest musicians and has become a famed Los Angeles cultural
landmark. There are different kind and grade of seats (box, chair and bench)
starting from the closer sections from the stage.

e0058749_19522641.jpg
ユニークなのは、お酒でも食べ物でも何でも持ち込み可なこと。私たちもワインにチーズやフルーツなどのおつまみを沢山持って入った。星空の下、ステージの迫力あるライティング演出をバックに演奏したのは4バンド。お客さんたちのマナーも良くて、薄いシャツ一枚でちょうどよい最高の気候で、美味しいワインとチーズを楽しみながらのコンサートは、この夏を締めくくるにふさわしい最高に楽しいひとときだった。

And what's unique about this place is that you can bring whatever you want,
food or drink, to the theater. We brought some wines, cheese and fruits etc.
Under the stars with spectacular lightings on the stage, 4 bands played tonight.
It was so enjoyable that the audience had good attitudes and manners, it was not
cold or hot, just perfect and we enjoyed good wine and cheese...it was a great
way to wrap up this great summer.
[PR]

# by chewyY | 2006-08-28 15:53 | Culture
An Irish Friendship Wish
ジャニスから回ってきたチェーンメール。今週は「ナショナル・フレンドシップ・ウィーク」だそう。気に入ったので、ざっと和訳をつけて紹介します。イタリア語も書きたいくらいなんですが、残念ながら時間がなくて・・・
世界中の、大切な友人達みんなに送ります。いつも、本当にありがとう!!会いたいです。

This is the National Friendship Week and Janice forwarded a chain mail to me.
I liked it a lot and decided to post it here for all my dear friends in the world.
Thank you for being my friend, I miss you so much!

Questa è la Settimana di Amicizia Nazionale e Janice mi ha mandato questo
chain-mail. L'ho amato molto e ho deciso di l'affiggere qui per tutti i cari amici nel
mondo. Grazie per tuo amicizia, vi manco cosí tanto!
(Scusate, ma non ho tempo per tradurre questo in italiano. Spero che capiate
abbastanza bene in inglese...)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

His name was Fleming, and he was a poor Scottish farmer. One day, while trying
to make a living for his family, he heard a cry for help coming from a nearby bog.
He dropped his tools and ran to the bog.
彼の名はフレミング、貧しいスコットランド人の農夫だった。ある日、家族を養うために働いていた最中、近くの沼から助けを呼ぶ声が聞こえてきた。彼は道具を放り出し、沼へと走った。

There, mired to his waist in black muck, was a terrified boy, screaming and
struggling to free himself. Farmer Fleming saved the lad from what could have
been a slow and terrifying death.
そこには黒い沼に腰まではまり怯えた少年が、叫びながら沼から出ようともがいていた。
農夫のフレミングは、ゆっくりと恐ろしい死になりかねなかった場面から、少年を助け出した。

The next day, a fancy carriage pulled up to the Scotsman's sparse
surroundings. An elegantly dressed nobleman stepped out and introduced
himself as the father of the boy Farmer Fleming had saved.
"I want to repay you," said the nobleman. "You saved my son's life."
"No, I can't accept payment for what I did," the Scottish farmer replied waving
off the offer.
次の日、そのスコットランド人の貧しい住まいに、高級馬車が止まった。優雅に着飾った貴族男性が出てきて、農夫のフレミングが助けた少年の父親だと名乗った。
「あなたにお金を払いたい」と貴族男性が言った。「息子の命を救ってくれましたな」
「いいえ、自分のしたことに対してお金など受け取れません」と、そのスコットランド人農夫は申し出を断った。

At that moment, the farmer's own son came to the door of the family hovel.
"Is that your son?" the nobleman asked.
"Yes," the farmer replied proudly.
"I'll make you a deal. Let me provide him with the level of education my own son
will enjoy. If the lad is anything like his father, he'll no doubt grow to be a man we
both will be proud of." And that he did.
その時、農夫のあばらやのドアに彼の息子がやってきた。
「あれはあなたの息子かね?」 貴族男性が尋ねた。
「はい」と、農夫は誇らしげに答えた。
「こうしよう。私の息子と同じ教育を彼に与えよう。少年が父親のような人間なら、私たちが誇りに思えるような人間に成長することは疑いもないだろう」
そしてその通りになった。

Farmer Fleming's son attended the very best schools and in time, graduated
from St. Mary's Hospital Medical School in London, and went on to become
known throughout the world as the noted Sir Alexander Fleming, the discoverer
of Penicillin.
Years afterward, the same nobleman's son who was saved from the bog was
stricken with pneumonia.
What saved his life this time? Penicillin.
The name of the nobleman? Lord Randolph Churchill.
His son's name? Sir Winston Churchill.
農夫のフレミングの息子は、最高峰の学校に通い、ロンドンのセント・マリー病院メディカル・スクールを卒業。ペニシリンの発見者として世界中で「アレクサンダー・フレミング卿」として知られるようになった。何年も経ち、あの時沼から助けられた貴族男性の息子が肺炎を患っていた。
何が彼の命を救ったか?それはペニシリン。
貴族男性の名前は?ランドルフ・チャーチル侯爵。
彼の息子の名前は?ウィンストン・チャーチル卿。

Someone once said: What goes around comes around.
誰かがある時こう言った。「自分の行動は廻り 廻って自分に帰ってくる(因果応報)」

Work like you don't need the money. 
Love like you've never been hurt. 
Dance like nobody's watching. 
Sing like nobody's listening. 
Live like it's Heaven on Earth. 
お金など要らないみたいに働き、
傷ついたことなどないみたいに愛し、
誰からも見られていないみたいに踊り、
誰からも聞かれていないみたいに歌い、
地上の天国にいるみたいに生きよう。


It's National Friendship Week. Send this to Everyone you consider A FRIEND.
Pass this on, and brighten someone's day.
今週は「ナショナル・フレンドシップ・ウィーク」。あなたが友達だと思う人すべてに、これを送ろう。そして、誰かの一日を明るくしてあげよう。

AN IRISH FRIENDSHIP WISH  アイルランドの友人へ贈るお祈り
I hope it works...  効き目があるといいですが・・・

May there always be work for your hands to do.
May your purse always hold a coin or two.
May the sun always shine on your windowpane.
May a rainbow be certain to follow each rain.
May the hand of a friend always be near you.
May God fill your heart with gladness to cheer you.
あなたの手にいつも仕事がありますように。
あなたのお財布が空になることがありませんように。
日の光がいつも窓ガラスに光りますように。
雨のあとは必ず虹が出ますように。
友人の手が、いつもあなたの近くにありますように。
神様があなたの心を喜びで満たして元気付けてくれますように。

[PR]

# by chewyY | 2006-08-24 14:40 | Friends